So-net無料ブログ作成

オーストラリアの2019年1~3月期実質GDP成長率は前期比0.4%増と低い伸び [経済指標・イベント]

 2019年6月5日、オーストラリア統計局から最新の実質GDP(季節調整済み)成長率が発表されました。それによると、2019年1~3月期の成長率は前期比0.4%増でした。比較的、低い伸び率に留まったうえに、事前の市場予想も下回りました。ただ、前四半期の同0.2%増からは上昇幅が、若干、拡大しています。

 また、前年同期比では1.8%増と、前四半期の同2.4%増から増勢が鈍化、事前の市場予想と同水準でした。ちなみに、前年同期比ベースでは、3四半期連続で増勢が鈍化しています。

 前期比ベースにおいて、各需要項目の内容を見ると、個人消費の増勢が、若干、鈍化したほか、住宅建設がマイナスとなった一方、機械および設備投資や非住宅設備はプラスでした。また、外需関連では、輸出が増加に転じました。

 成長率で見ると、オーストラリア経済には、若干、停滞感が漂いつつあるようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー