So-net無料ブログ作成

米国の鉱工業生産指数、米国の生産活動の若干の停滞ぶりを示唆する内容に [経済指標・イベント]

 2月15日、米連邦準備理事会(FRB)から直近の鉱工業生産指数が発表されました。それによると、2018年1月の鉱工業生産指数(季節調整値)は前月比0.1%減と、増加が見込まれていた事前の市場予想を下回り、5カ月ぶりのマイナスとなりました。

 内訳を見ると、まず、鉱工業生産全体の約75%を占める製造業が同横ばい(同0.0%増)でした。製造業の前月比横バイは2カ月連続です。その製造業では、自動車および同部品やコンピュータおよび電子製品、情報処理関連製品、家具関連製品などがプラスとなった一方、航空宇宙やプラスチック、食品産業などがマイナスとなりました。

 なお、製造業以外では、鉱業が同1.0%減と、2カ月連続のマイナス、一方、公益事業(電力・ガス)は同0.6%増と2カ月連続のプラスとなったものの、前月の同4.6%増から増勢が鈍化しました。

 2018年最初の鉱工業生産指数の内容は、米国における生産活動の若干の停滞ぶりを示す内容だったと言えそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

雇用統計など米国経済の良好ぶりを示す経済指標発表を受け、米ドル相場が3日続伸 [外国為替概況]

 ニューヨーク外国為替市場において、米ドル相場が3日続伸、2018年2月2日の米ドル相場は8営業日ぶりに1ドル=110円台を回復して終了しました。

 この日、米ドル買いの進んだ要因として、同日に発表された経済指標の内容が好感された可能性が挙げられます。

 具体的には、とりわけ注目されていると見られる雇用統計において、1月の非農業部門雇用者数が前月比20万人増と、前月の同16万人増から増勢が大きく加速、2カ月ぶりの20万人台回復達成と同時に、事前の市場予想も上回りました。また、平均時給も事前の市場予想を上回るなど、今回の雇用統計は、米国の雇用環境の良好ぶりを示す内容でした。そのほか、この日には、1月の米ミシガン大消費者態度指数(確報値)や2017年12月の製造業新規受注も発表され、いずれも事前の市場予想を上回っています。

 このように、米国経済の良好ぶりを示す経済指標の発表が相次いだことを受けて長期金利が上昇、このため、米ドル買いの動きが強まったようです。ちなみに、金利上昇の要因として、米国経済の現状に対する安心感のほか、過熱感からインフレ観測の浮上も挙げられます。

 なお、米ドルの上昇に対し、豪ドルやニュージーランドドル、南アフリカランドといった新興国および資源国通貨は、円に対して下落しました。米国における良好な経済指標の発表を手掛かりに、利益確定を意図した、米ドルへの資金の移し替えが進行した可能性も指摘できそうです。

 ただ、この下落によって、これらの通貨の値ごろ感が強まれば、新興国および資源国経済が米国経済成長の恩恵を受けるだろうとの観測から、当該国通貨の買い戻しが強まるとの見方もできそうですが…さて、いかがでしょうか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー