So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年10月の米国の非農業部門雇用者数は2カ月ぶりに増加数20万人台を回復 [経済指標・イベント]

 11月2日、米国労働省から最新の雇用統計が発表されました。それによると、2018年10月の非農業部門雇用者数は前月比25万人増と、前月の同11万8000人増から増勢が大きく加速し、2カ月ぶりに増加数20万人台を回復すると同時に事前の市場予想も下回りました。

 また、9月の非農業部門雇用者数は、前回発表時の同13万4000人増下方修正されました。

 業種別では、製造業が同3万2000人増と、増加数が8月、9月と2カ月続いた1万人台から急速に増加幅が拡大し、今年2月以来の3万人台回復となったほか、建設業も同3万人増と、2カ月ぶりに3万人台を回復しました。

 このほか、小売業(同2000人増)や卸売業(同9000人増)、不動産(同4000人増)、情報関連産業(同7000人増)などが小幅ながら増加しています。

 なお、雇用者数と同時に発表された失業率は、前月と同じ3.7%を維持し、歴史的な低水準を維持する格好となりました。一方、労働参加率は上昇しており、米国企業の採用意欲の旺盛ぶりを示唆する内容と言えそうです。

 さて、10月の非農業部門雇用者数は9月の大幅な増勢鈍化からの反動増の寄与もあり、増加数20万人台回復となりました。つまり、9月の鈍化は一時的な停滞であり、その要因として、ハリケーン襲来の影響が挙げられます。こうした一時的な特殊要因の影響がなくなれば、雇用者数は、当面、安定的な動きを維持すると期待されますが…さて、実際にはどのような展開となるでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。