So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

3日のニューヨーク外国為替市場では、米ドル相場、4営業日ぶりの反発 [外国為替概況]

2018年1月3日のニューヨーク外国為替市場の米ドル相場は1ドル=112円台半ばで終了、終値では、4営業日ぶりの反発でした。
米ドル相場上昇の要因の一つとして、米国経済の先行きに対する安心感の継続が挙げられます。

この日に発表された2017年12月のISM製造業景況感指数は59.7と、前月から上昇、事前の市場予想も上回りました。なかでも、個別項目のうち、新規受注や生産が好調でした。また、建設支出も事前の市場予想を上回るなど、これらの経済指標の内容が安心感を誘ったようです。

このほか、この日、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表され、その内容から、市場にて、今後も緩やかなペースでの利上げが継続するとの期待感が高まり、このことも米ドル買いを買う動きにつながった模様です。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。