So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Ifo企業景況感指数、2017年12月は前月から低下したものの、小幅な落ち込みに留まる [経済指標・イベント]

 12月19日、ドイツのIfo経済研究所から最新の企業景況感指数が発表されました。毎月25日前後に発表されるIfo企業景況感指数、12月に関しては、毎年20日以前に発表されているようです。

 そして、2017年12月の同指数は117.2と、前月の117.5から低下しました。同指数の低下は3カ月ぶりであり、前月並みを見込んでいた事前の市場予想も下回りました。業種別では、建設および小売が前月から上昇、また、製造業および卸売が前月から低下と、前月と逆の展開でした。

 指数の内訳を見ると、まず、景気の現状を示す現況指数が125.4と前月の124.5から0.9ポイント上昇しました。現況指数の上昇は2カ月ぶりです。一方、企業の6カ月先の景況感を示す期待指数は109.5と111.0から1.5ポイント低下しています。つまり、今回の景況感指数の低下の主因は期待指数の低下だったことになります。

 さて、このように、Ifo企業景況感指数は前月比で低下となったものの、小幅な落ち込みに留まったほか、11月の同指数は過去最高更新だったこともあり、今回の低下については、若干の調整だったとの見方もできそうです。

 つまり、ドイツ経済は引き続き良好な状態を維持していると言えるのかもしれません。引き続き、注目です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。