So-net無料ブログ作成
検索選択
内外の金融政策 ブログトップ
前の6件 | 次の6件

ニュージーランド準備銀行が政策金利を引き下げ、過去最低の2.00%へ [内外の金融政策]

 本日(8月11日)の朝方(日本時間)、ニュージーランドの中央銀行であるニュージーランド準備銀行(RBNZ)は、政策金利をそれまでの年2.25%から0.25%引き下げ、過去最低となる年2.00%とすることを決定しました。ちなみに、事前の市場予想でも利下げを見込んでおり、今回の利下げは予想通りだったことになります。

 RBNZでは、インフレ率を1~3%の範囲内に維持することを目標としています。こうしたなか、ニュージーランドの1~3月期のインフレ率は前年同期比0.4%増と目標水準を下回りました。

 つまり、ニュージーランドでは、このところ、物価押し下げ圧力が強まっていると見られ、今回の利下げ実施は、これに対する措置だったと見ることができます。ちなみに、RBNZ総裁は、声明の中で、年内の一段の追加緩和の必要性について示唆しています。

 ちなみに、RBNZに先立ち8月2日には、オーストラリア準備銀行(RBA)でも利下げを実施しています。

イングランド銀行(BOE)、2009年以来の政策金利引き下げを実施 [内外の金融政策]

 8月4日、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行(BOE)は、政策金利を現行の年0.50%から0.25%引き下げ、過去最低の年0.25%とすることを決定、BOEの利下げ実施は、実に2009年以来7年ぶりとなります。

 BOEは、前回7月における金融政策委員会では、政策金利を据え置いていました。もっとも、イギリスでは、6月23日の国民投票における欧州連合(EU)からの離脱決定以降、景気の先行き不透明感が浮上していたと見られ、市場でも今回の会合における利下げ観測は強まっていたようです。

 このほか、今回の会合では、国債の買い入れ枠を従来の3750億ポンドから4350億ポンドへ拡大(600億ポンド)するなど、量的金融緩和の枠の拡大も発表されました。

 なお、7月27日に発表されたイギリスの2016年4~6月期実質GDP成長率(速報値)は前期比0.6%増と、1~3月期の同0.4%増から増勢が加速するなど、イギリス経済の底堅さが示されました。もっとも、7~9月期以降には、EU離脱決定の影響が顕在化してくるとの見方もあります。

 つまり、今回の利下げ実施は、イギリス経済の先行きへの懸念に対して、事前に先手を打った…といったところでしょうか。

RBAが今年2回目の政策金利の引き下げを実施 [内外の金融政策]

 8月2日、オーストラリアの中央銀行であるオーストラリア準備銀行(RBA)は、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを現行の年1.75%から0.25%引き下げ、年1.50%とすることを決定しました。RBAによる政策金利の引き下げは5月3日以来、今年2度目となります。

 今回の利下げにより、オーストラリアの政策金利は史上最低を更新する格好となりました。ちなみに、事前の市場予想でも利下げが見込まれており、今回は市場の予想通りの結果だったこととなります。

 そして、オーストラリアにおいても、物価の押し下げ圧力が強まっている模様で、7月27日に発表された直近の4~6月期消費者物価指数(CPI)は前年同期比1.0%増と、1999年以来の低水準となり、RBAのインフレ目標である2~3%を大きく下回りました。背景には、賃金の伸び悩みなどがあると見られ、今回の利下げは景気浮揚から物価上昇を目指した措置だったのかもしれません。

 さて、外国為替市場では、1豪ドル=76.70円台まで円高豪ドル安が進行したものの、それ以降、ジワジワと円安豪ドル高方向へ戻す展開となりました。利下げが事前の市場予想通りの対応だったこともあり、影響は限定的だったとの見方もできそうです。

RBAが政策金利の据え置きを決定、今後の追加利下げの可能性は? [内外の金融政策]

 7月5日、オーストラリアの中央銀行であるオーストラリア準備銀行(RBA)は、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを年1.75%に据え置くことを決定しました。RBAは、今年5月に利下げを実施しており、これによりオーストラリアの政策金利は史上最低を更新しました。

 つまり、今回の据え置きによって、オーストラリアの政策金利はこの最低金利を維持することとなります。理事会後に発表された声明では、インフレ率の水準の低さについても言及されました。実際、現状、オーストラリアのインフレ率は年1.5%と、RBAの目標水準(2~3%)を下回っている状況です。

 この点を踏まえると、7月26日に発表が予定されているインフレ率の内容が注目されると思われます。市場には、内容如何では追加利下げもあり得るといった見方もあるようです。

 なお、外国為替市場では、このところジワジワと上昇基調を続けていた豪ドル相場が、一転して、下落基調を強めました。RBAの利下げ決定、および、それに続く声明の内容なども、豪ドル相場に影響したのかもしれません。

RBAが予想外の利下げ。大型連休中、投資家にとってはちょっとした衝撃かも… [内外の金融政策]

 5月3日、オーストラリアの中央銀行にあたるオーストラリア準備銀行(RBA)は、政策金利であるオフィシャルキャッシュレートを、従来の年2.00%から0.25%引き下げ、年1.75%とすることを決定しました。RBAによる政策金利引き下げは2015年5月以来、1年ぶりとなります。

 大方の市場予想では、据え置くと見込まれていたことから、市場にとって、予想外の利下げだったと言えるでしょう。ちなみに、年1.75%は史上最低となります。

 理事会後に発表された声明において、RBAは、予想よりもインフレ圧力が低下している点を指摘しています。実際、先日、発表された1~3月期の消費者物価指数(CPI)は前期比0.2%低下、また、前年同期比では1.3%上昇だったものの、政策目標を下回りました。つまり、今回の利下げ決定は、インフレ率を目標水準へ引き上げることなどを目指す意図があったと思われます。

 なお、外国為替市場では、利下げ決定後、豪ドル相場が急速に下落しました。目下、大型連休中の日本において、豪ドルで運用しているFX投資家にとっては、ちっとした衝撃だったかもしれません。

欧州中央銀行(ECB)、政策金利を引き下げ、追加的な量的緩和の実施も決定 [内外の金融政策]

 3月10日、ユーロ圏の中央銀行である欧中央銀行(ECB)は、同日開催された定例理事会において、金融政策の変更を決定しました。まず、主要政策金利であるリファイナンス金利を現行の0.05%から0.00%に引き下げました。

 そして、上限金利の現行の限界貸出金利を0.30%から0.25%に引き下げ、下限金利の中銀預金金利についても現行のマイナス0.30%からマイナス0.40%に引き下げました。つまり、市中の銀行がECBに預け入れた折に課される手数料が増額されることになります。変更後の新たな金利は16日から適用される予定です。

 さらに、資産の買い入れ規模についても、従来の月間600億ユーロから800億ユーロに拡大すると発表しました。

 政策金利の引き下げおよび量的金融緩和政策の実施によってデフレ圧力の和らげる狙いがあると思われます。
前の6件 | 次の6件 内外の金融政策 ブログトップ