So-net無料ブログ作成
検索選択

4月29日の外国為替市場では、円相場が急速に上昇、全面高の様相に [外国為替概況]

 4月29日のニューヨーク外国為替市場において、円相場が急速に上昇しました。

 今回の円高の要因の1つとして、日米の金融政策の結果に対する市場の反応が挙げられます。まず、米連邦準備理事会(FRB)は、27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)において、追加利上げの見送りを、一方、日銀は、28日の金融政策決定会合において、金融政策の現状維持を決定しました。FOMCにおける決定は、米ドル上昇観測の後退につながったと見られるほか、日銀の決定は、市場における追加緩和期待に対する失望感を誘ったと思われます。

 他方、28日、米国では、1~3月期実質GDP成長率(速報値)が発表され、前期比年率0.5%増と急減速したうえに、事前の市場予想を下回りました。このため、米国経済に対する先行き不透明感が強まったと考えられます。

 さらに、29日に発表された各経済指標の結果は強弱まちまちの内容でした。具体的には、3月の個人所得は事前の市場予想を若干上回る伸びとなったものの、3月の個人消費支出は市場予想に届かず、4月のミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)は7カ月ぶりの低水準に留まりました。つまり、米国経済に対する先行き不透明感を和らげるには不十分な内容だったようです。

 こうしたことなどから、米ドルを売る動き、円を買う動きが優勢になったと見られ、急速な円高につながったといったところでしょう。米ドルが1年半ぶりに1ドル=106円台に突入したほか、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドルなど、円相場は、ほぼ全面高の様相となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

豪ドル相場が下落。オーストラリアのCPIが要因の1つと見られるものの… [外国為替概況]

 4月27日の外国為替市場において、豪ドル相場が大きく変動しました。具体的には、朝方、1豪ドル=86.20円台で推移していた豪ドル相場は、午前中のうちに急速に下落し、1豪ドル=85.25円台まで下落しました。

 改めて、豪ドルの対円チャートの動向を確認すると、この日の豪ドル相場の下落の要因となったのは、午前中に発表されたオーストラリアの消費者物価(CPI)だったと思われます。

 実際、1~3月期のオーストラリアのCPIは前期比0.2%低下と、プラスを見込んでいた事前の市場予想を下回っています。また、前年同期比では1.3%上昇となったものの、こちらも事前の市場予想を下回りました。

 もっとも、個人的には、今回の豪ドル相場下落の要因をCPIの影響のみに求めるのは無理がある気がします。

 今回は、目下、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の金融政策決定会合が開催中であることや、28日における米国の1~3月期実質GDP(速報値)成長率の発表を控え、一旦、利益を確定させ、発表後の対応に備えるべく、直近の経済指標でもあるCPIが判断材料として利用された…といったところではないでしょうか。

 さて、豪ドル相場は、その後、一旦は持ち直しの動きを示したものの、午後に入って以降も、下落基調で推移、22時台(日本時間)には、1豪ドル=84.5円台で推移しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

Ifo企業景況感指数、4月は低下。現況指数は悪化したものの、期待指数が改善 [経済指標・イベント]

 4月25日、ドイツのIfo経済研究所から最新の企業景況感指数が発表されました。それによると、2016年4月のIfo企業景況感指数は106.6と、2016年3月の106.7から低下、事前の市場予想を大きく下回りました。

 指標の内訳をみると、景気の現状を示す現況指数が113.2と前月の113.8から低下したのに対して、企業の6カ月先の景況感を示す期待指数は100.4と、前月の100.0から上昇しました。つまり、ドイツでは、企業の現状に対する満足度が後退している一方で、先行きに対する期待感は改善しています。とりわけ、期待指数については、2カ月連続の改善です。

 また、業種別では、卸売りと小売りが著しく悪化したのに対して、製造業と建設業は改善を示しました。

 このように、業種別や現況および先行きに対する見方など、なお、バラツキはあるものの、ドイツ経済は緩やかながら、好転しつつあるとの見方もできそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

日本の3月の貿易収支は2カ月連続の黒字に。輸入額が大幅に減少 [経済指標・イベント]

 4月20日、財務省から直近の貿易統計が発表されました。それによると、2016年3月の輸出金額から輸入額を差し引いた貿易収支額は7550億円の黒字となりました。日本の貿易収支は2月の黒字転換に続き、2カ月連続の黒字です。

 貿易収支の内訳を見ると、輸出額が前年同月比6.8%減と6カ月連続のマイナス、輸入額が同14.9%減と15カ月連続のマイナス、輸入額のマイナス幅が大きく輸出額のマイナス幅を上回り、貿易収支の大幅な黒字に寄与した格好です。

 輸入の減少の要因としては、液化天然ガスや原粗油の輸入額などの減少が影響しました。その背景には、原油価格の下落などがあったようです。

 ちなみに、輸出および輸入について、数量ベースで見ると、輸出が同1.0%減と2カ月ぶりのマイナスとなった一方、輸入は同5.2%増と4カ月ぶりに増加しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

連日の豪ドル相場上昇。本日の要因の1つはオーストラリアの雇用統計 [外国為替概況]

 ここ連日、豪ドル相場が上昇を続けています。そして、本日(4月14日)もまた、豪ドル相場は上昇基調で推移しました。

 さて、本日の豪ドル相場上昇の要因の1つとなったのは、午前中に発表されたオーストラリアの雇用統計だったと見て良いでしょう。

 実際、オーストラリアの2016年3月の失業率は5.7%と、上昇を見込んでいた事前の市場予想に反して、2カ月連続の改善となりました。水準的には、2013年9月以来の低水準です。

 一方、同時に発表された雇用者数は、前月比2万6100人増と、3カ月ぶりに増加に転じ、事前の市場予想を上回りました。フルタイム雇用者数が同8800人減と2カ月ぶりに減少した一方、パートタイム雇用者数は同3万4900人増と2カ月ぶりに増加しました。

 今回の雇用統計はオーストラリアの雇用情勢の良好ぶりを改めて再認識させる内容だったと見て良いでしょう。そして、外国為替市場でも、今回の雇用統計の結果が好感されたようで、豪ドル相場は、ジワジワと上昇基調を強める展開となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

豪ドル相場が上昇、今回は中国の貿易統計の内容が寄与した模様 [外国為替概況]

 ここ2、3日、外国為替市場において、豪ドル相場が上昇を続けています。本日(4月13日)も、豪ドル相場が上昇基調で推移しました。

 そして、本日の豪ドル相場上昇の一因となったのは、午前中に発表された中国の貿易統計の内容だったようです。まず、2016年3月の中国の貿易収支(ドル建て)は298.6億ドルの黒字となりました。ただ、事前の市場予想を下回っています。

 もっとも、内訳を見ると、輸出が前年同月比11.5%増と、9カ月ぶりにプラスに転じると同時に、事前の市場予想を大きく上回りました。一方、輸入は同7.6%減となったものの、2月の同13.8%減からマイナス幅は縮小、事前の市場予想も下回りました。

 外国為替市場では、市場予想を下回った貿易収支の黒字よりも、輸出の内容を好感したようです。つまり、中国の輸出増加が中国経済の好転につながり、それにより、中国への輸出増加といった形でオーストラリア経済にも寄与するとの見方から、豪ドルを買う動きが優勢となったようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー