So-net無料ブログ作成

2018年5月の米国の非農業部門雇用者数は前月比22.3万人増へ増勢加速、失業率は3.8%へ改善 [経済指標・イベント]

 6月1日、米国労働省から最新の雇用統計が発表されました。それによると、2018年5月の非農業部門雇用者数は前月比22万3000人増と、前月の同15万9000人増から、事前の市場予想を上回る増勢加速となりました。

 業種別の変動を見ると、今回は、とりわけ、小売業の回復ぶりが際立っており、同3万1000人増と前月の同9000人増から大幅な増勢加速となり、直近では今年2月(同4万6000人増)以来の増加となりました。

 次に、建設業も同2万5000人増と、前月(同2万1000人増)に続き、増加数が2万人台を維持しました。また、注目の製造業については、同1万8000人増と前月の同2万5000人増から増勢は鈍化したものの、今回も2万人近い大幅な増加を維持し、引き続き、安定感を示す内容だったとの印象です。

 そのほか、卸売(同4000人増)、不動産(同3000人増)、情報関連(同6000人増)も小幅ながら前月から増加しました。

 一方、雇用者数と同時に発表された失業率は3.8%と、前月の3.9%から低下しました。失業率の低下は、2カ月連続であり、水準的には、2000年4月以来の低い水準となります。

 やはり、米国の雇用環境は、良好な状態を保っていると言って良さそうです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。