So-net無料ブログ作成
検索選択

オーストラリアの雇用統計発表後、豪ドル相場が急上昇。一巡後は一進一退の展開に [外国為替概況]

 7月20日、オーストラリア統計局から最新の雇用統計が発表されました。それによると、2017年6月の雇用者数は前月比1万4000人増と、前月の同3万8000人増から増勢が大きく鈍化し、事前の市場予想を、若干、下回りました。

 雇用者数の内訳をみると、フルタイムの雇用者数が同6万2000人増と前月の同5万3400人増から増勢が大きく加速、一方、パートタイムの雇用者数は同4万8000人減と、前月の同1万5400人減からマイナス幅が拡大し、対照的な動きとなりました。

 また、同時に発表された失業率は前月と同じ5.6%を維持、そして、失業率との関連で注目される労働参加率については65.0%と前月の64.9%から上昇しました。

 外国為替市場では、これらのフルタイム雇用者数の堅調ぶりや失業率および労働参加率の内容が好感されたと見られ、雇用統計発表直後から豪ドル相場が急速に上昇、一時、1豪ドル=89.30円近くまで円安豪ドル高が進行しました。

 ただ、上昇一巡後は下落に転じ、14時 (日本時間) 以降の豪ドル相場は、1豪ドル=89.00を挟む水準で一進一退の動きを続けました。改めて、雇用者数の推移を見ると、2017年3月をピークに増勢鈍化を続けており、状勢を見直した市場参加者の売りと、オーストラリアの雇用情勢を好感した買いの綱引きが続いた格好です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0