So-net無料ブログ作成

5日の円相場は円安ドル高で終了、米国雇用統計の結果受け、不透明感が和らいだ模様 [外国為替概況]

 5月5日のニューヨーク外国為替市場では、円相場が米ドルに対し、終値ベースで下落、1米ドル=112.70~80円銭で終了しました。そして、この日、米ドル買い優勢につながった要因とし、やはり、同日に発表された雇用統計の影響が挙げられるでしょう。

 実際、2017年4月の非農業部門雇用者数は前月比21.1万人増と、事前の市場予想を上回り、前月の小幅な増加(同7.9万人増)から急速に増勢が加速すると同時に、2カ月ぶりの20万人超えとなりました。

 ちなみに、この非農業部門雇用者数は、前月、急速に増勢が鈍化していたことから、市場にも米国の雇用環境に対する不透明感が漂っていた可能性があります。こうしたなかで、今回、2カ月ぶりに増加数が20万人台を回復したことに加え、失業率も4.4%と2007年5月以来の低水準まで低下したワケです。このため、米国雇用環境に対する不安も和らいだと見てよさそうです。

 なお、5月7日には、フランス大統領選の決選投票が実施されます。投票結果如何によっては、外国為替相場に大きく影響する可能性もあることから、投票結果および8日の外国為替市場の動向が注目されます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0