So-net無料ブログ作成
検索選択

米国の実質GDP成長率(確定値)、上昇修正。家計部門で良好ぶりが示されるも… [経済指標・イベント]

 3月30日、米国商務省から、直近の国内総生産が発表されました。それによると、2016年10~12月期の実質GDP成長率・確定値は前期比年率2.1%増と、改定値の同1.9%増から上方修正され、事前の市場予想を上回りました。

 需要項目別では、個人消費が同3.5%増と改定値の同3.0%増から上方修正されたものの、設備投資は同0.9%増と、改定値の同1.3%増から下方修正されました。また、住宅投資は改定値からの修正はありませんでした。このほか、在庫投資の成長率への押し上げ寄与度が改定値から拡大しています。

 一方、外需絡みでは、輸出が改定値から下方修正、輸入が改定値から上方修正され、純輸出の成長率に対する押し下げの度合いが強まる格好となりました。

 そして、前四半期からの変動に着目すると、個人消費の増勢が前四半期から加速したほか、住宅投資が3四半期ぶりのプラスとなりました。ただ、設備投資は前四半期から増勢鈍化となりました。また、輸出が同4.5%減と、前四半期の同10.0%増から3四半期ぶりにマイナスに転じた一方、輸入は前四半期の同2.2%増から同9.9%増へ急速に増勢を加速させました。

 家計部門で良好ぶりが示された一方、企業部門には、若干、停滞感が垣間見られる…といったところでしょうか。また、輸出の落ち込みもいささか気掛かりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: