So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年10~12月期のオーストラリアの成長率は2四半期ぶりにプラスを回復 [経済指標・イベント]

 3月1日、オーストラリア統計局から最新の実質GDP(季節調整済み)成長率が発表されました。それによると、2016年10~12月期の成長率は前期比1.1%増と7~9月期の同0.5%減から2四半期ぶりにプラスを回復し、事前の市場予想を上回りました。一方、前年同期比でも2.4%増と前四半期の同1.9%増から増勢が加速し、こちらも事前の市場予想を上回っています。

 前期比ベースについて、各需要項目の内容を見ると、個人消費の増勢が大きく加速したほか、住宅建設や非住宅建設、機械および設備投資が前四半期のマイナスからプラスを回復しました。

 そのほか、輸出も前四半期から増勢が加速しました。その要因として、商品価格の上昇に伴う資源輸出の増加があったとの見方があるようです。

 このように、成長率が7~9月期のマイナスから再びプラスを回復したことで、オーストラリア経済も一安心、といったところでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: