So-net無料ブログ作成
検索選択

米国の2016年10~12月期の実質GDP成長率は大幅な増勢鈍化に [経済指標・イベント]

 1月27日、米国商務省から最新の実質GDP成長率が発表されました。それによると、2016年10~12月期の実質GDP成長率は前期比年率1.9%増と、7~9月期の同3.5%増から増勢が鈍化しました。

 今回の増勢鈍化の要因は輸出の落ち込みです。具体的には、輸出は同4.3%減でした。ただ、10~12月期の輸出の大幅な落ち込みは、7~9月期の大豆輸出の急増に伴う輸出の大幅増加の反動による一時的な特殊要因の影響と思われます。

 一方、そのほかの需要項目を見ると、まず、個人消費が同2.5%増と、比較的安定した内容だったほか、住宅投資が同10.2%増と、5四半期ぶりの2ケタ台の成長率を回復、さらに、民間設備投資が同2.4%増と2四半期連続のプラスとなったことに加えて、在庫投資の成長率寄与度も2四半期連続で成長率の押し上げ要因となっています。

 このように、内需は比較的好調だったことが見て取れます。なお、輸出の減少とともに、純輸出の寄与度がマイナスとなった今ひとつの要因である輸入の増加についても、米国内需を反映した動きと捉えることができるでしょう。

 そして、今後は、新政権による経済政策が本格化するなか、米国内需の堅調の持続性に注目が集まると見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0