So-net無料ブログ作成
検索選択

FRB、1年ぶりの利上げ実施を決定。来年以降の利上げペース加速の可能性も [内外の金融政策]

 米連邦準備理事会(FRB)は、12月13~14日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)において、昨年(2015年)12月16日以来、1年ぶりの利上げを決定しました。

 この決定により、短期金利の指標となるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は、従来の年0.25~0.50%から0.50~0.75%に引き上げられ、15日から適用されます。ちなみに、今回の利上げは事前の市場予想通りの結果でした。

 そして、今回の利上げ実施の理由として、FOMC後の記者会見では、経済成長率の高さや失業率の改善、物価上昇率の上昇が挙げられました。さらに、今後の利上げに関して、2017年および2018年にそれぞれ3回ずつの実施の可能性が示唆されています。

 利上げ実施後、外国為替市場では、米ドル相場の上昇傾向が強まり、21時時点(日本時間)で1ドル=118円を超える水準で推移しました。

 さて、昨年も利上げ実施直後に米ドル相場は上昇、ただ、一巡後には、一転、下落基調が強まりました。利上げ打ち止め感の強まりも一因だったと思われます。ただ、今回は、今後、利上げペースが加速するとの見方が強まる可能性も考えられます。以上を踏まえ、米ドル相場の今後の展開が注目されます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: