So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラジル中央銀行、4年ぶりに政策金利の引き下げを実施 [内外の金融政策]

 10月19日、ブラジル中央銀行は、金融政策委員会において、政策金利を従来の14.25%から14.00%へ0.25%引き下げました。ブラジルにおける政策金利の引き下げ実施は4年ぶりです。

 これまで、景気低迷が強まるなか、インフレ圧力の強い状態も続いていたことから、中央銀行では、様子見姿勢を余儀なくされていたというのが実情だったのではないでしょうか。

 こうしたなか、自国通貨レアルの上昇を背景に、インフレ圧力が弱まりつつあることや、リオ五輪の終了後、先行きの需要の一段の落ち込みに備える必要も浮上し、景気浮揚を目指し、利下げに踏み切ったものと思われます。

 ちなみに、中央銀行は、声明において、ブラジルのインフレ率について、2017年に年率4.3%、18年に同3.9%と、現状の8.00%台から低下していくとの見通しを示しており、こうした予想も今回の利下げ実施の根拠となったのもしれません。

 いずれにしても、ブラジル中央銀行における金融政策の軸足は、景気浮揚策に置かれた格好です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0