So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュージーランド準備銀行が政策金利を引き下げ、過去最低の2.00%へ [内外の金融政策]

 本日(8月11日)の朝方(日本時間)、ニュージーランドの中央銀行であるニュージーランド準備銀行(RBNZ)は、政策金利をそれまでの年2.25%から0.25%引き下げ、過去最低となる年2.00%とすることを決定しました。ちなみに、事前の市場予想でも利下げを見込んでおり、今回の利下げは予想通りだったことになります。

 RBNZでは、インフレ率を1~3%の範囲内に維持することを目標としています。こうしたなか、ニュージーランドの1~3月期のインフレ率は前年同期比0.4%増と目標水準を下回りました。

 つまり、ニュージーランドでは、このところ、物価押し下げ圧力が強まっていると見られ、今回の利下げ実施は、これに対する措置だったと見ることができます。ちなみに、RBNZ総裁は、声明の中で、年内の一段の追加緩和の必要性について示唆しています。

 ちなみに、RBNZに先立ち8月2日には、オーストラリア準備銀行(RBA)でも利下げを実施しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: